療法食,犬,フード,ドッグフード,通販

愛犬の病気がきっかけで…

 

一軒家を建てて、子どもが小学校に上がったと同時に、家族の一員としてうちに迎えたワンちゃん。
いつも私たち家族を笑顔にしてくれて、元気を与えてくれる大切な大切な存在です。

 

そんなワンちゃんの体調が芳しくなく困っていたところ、療養食というものをはじめて知りました。

 

人間でいうところの中高年をすでに超えて、そろそろおじいちゃんな年齢。
やっぱり若いころと違って、いろいろと不調が出てきてしまうように。

 

うちの場合は、高血糖とクッシング症候群に悩んでいました。
高齢ということもあって、できることと言えばそれらの症状と上手に付き合っていくことぐらい。

 

そんな時に勧められたのが、療養食でした。
当たり前ですがワンちゃんの体も人間の体と一緒で、食べたものから構成されているんですよね。
ワンちゃんの食べ物というものに今まであまり気を使ってこなかったので、療養食という存在は衝撃的でした。
(おいしそうに食べてくれるもの、好きそうなものばっかりあげてたんです。)

 

療養食の存在を知って、ワンちゃんの食べ物というものにかなり気を使うようになりました。
食べさせてあげるなら、少しでも症状が良くなるものを。
そして体にいいものを。
さらに、ちゃんとおいしそうに食べてくれるものを。

 

いろいろ探し回っていたときに出会ったのが「犬心」だったんです。

 

 

療法食,犬,フード,ドッグフード,通販

7つの疾患に幅広く対応できる「犬心」は安心

人でも食べられるナチュラル素材

 

「犬心」はとにかく、体に良い素材しか使っていない完全ナチュラル派のドッグフード。
なんと人間が食べても、平気なんだそうです。

 

ナチュラルであること、そして手作り製法であること、そしてそれが療養食であること。
言うのは簡単ですが、これらを実現するのってかなり大変なんだそう。

 

5つの大学と連携し、10年もの年月をかけてメーカーと共同開発したんですって。

 

世の中には、まるで赤ちゃんの離乳食のように素材にこだわって
毎食丁寧に療養食を手作りされている方もいるみたいです。
本当は私も手作りできれば一番いいんでしょうけれど、手間もかかるし難しそう。

 

そんな私にもワンちゃんにも、「犬心」はまさに最適の商品でした。

 

低糖・低脂肪だけじゃない!

 

「犬心」の基本は、低糖・低脂肪であること。
でも糖と脂肪に悩んでいるワンちゃんって、他の病気を併発することが多いんだそう。
一緒に併発しやすいとされている7疾患のケアも合わせてできるのが「犬心」のすごいところだと思います。

 

うちのワンちゃんが患っているクッシング症候群をはじめ、
膵炎・甲状腺機能低下症、そして高脂血症・糖尿病・メタボ肥満・糖質代謝異常症の7つ。

 

じつはこれら7疾患の原因って、同じなんだそうです。

 

原因が同じ病気だからこそ、すべて同時にケアできればワンちゃんへの負担も少なくなります。
7つの病気を1度にケアするなんて、人間でも大変ですもんね。
「犬心」なら、それが可能なんです。

 

これだけの数の症状をケアしてくれるのであれば、心強いですよね。

 

原材料が全部公開されているんです

 

ほかにも「犬心」がすごいと思うところは、原材料をすべて公開している点です。
こういうのって、案外隠していることが多いですよね。

 

仮に公開していたとしても、聞いたことのないような難しいカタカナの成分ばっかり入っていたりして、
それが体にいいのか悪いのか、結局よくわからないことが多いなと感じていました。

 

その点、「犬心」の成分はなんと安心感のあることでしょう。
どんなものが入っているのかしっかりと想像できるのが、とてもいいなと感じています。

 

ここでもちょっとご紹介しますね。

 

生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、
玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、
ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

どうでしょうか?
人が食べられるドッグフードの名前の通り、本当に体に良さそうなものしか入っていませんよね。
療養食を手作りする人もいるみたいですが、残念ながら私にはそのような時間的な余裕も技量もありません。

 

そんな中、このような手作りに近いかたちの療養食は非常に安心で助かっています。

 

体に良くないものは一切不使用

 

「犬心」は体にいいものだけを使って、体に良くないものは徹底的に排除しているようです。

 

例えば食品添加物や、酸化防止剤、防腐剤などはよく聞く名前ですよね。
安く大量に作る商品なんかにはよく入っているものですが、「犬心」は一切不使用。
他にも、合成調味料や着色料、香料などもナシ。

 

これらを使わずにドッグフードを作るのって相当難しいと思うんですが、「犬心」はそれを実現してくれたんです。

 

私もそこまで拒否反応をするものではありませんが、敏感な人はとても気にされますよね。
その点でも、「犬心は」安心だと思います。

 

ちゃんと食べてくれるか心配な人にも

 

人にも好き嫌いがあるように、うちのワンちゃんも結構食べないものが多くて…。
まわりのワンちゃんみんな、大好きなおやつも、うちだけ全く食べないなんてものもありました。
なので新しいドッグフードやおやつをあげるときは、いつもドキドキです。

 

でも「犬心」は食いつきチェックというものがあって、安心でした。

 

食いつきチェックとは、お試しで200gをプレゼントしてくれるサービス。
商品代金も送料も払わずに、ワンちゃんか食べてくれるかどうか事前に確認することができるんです。

 

これってとっても嬉しくないですか?
うちの場合は喜んで食べてくれたのでそのまま継続しましたが、
万が一ワンちゃんの食いつきがよくなかった場合は、購入をキャンセルすることができます。

 

こんなサービス、他にはないですよね!

 

「犬心」の詳細

 

「犬心」の詳しい説明は、以下の通りです。

 

内容量 個包装(1袋1kg)
賞味期限 製造より1年(未開封の状態で)
成分 1kgあたり325kcal
粗脂肪5〜9%
粗繊維5〜8%
粗タンパク質23〜27%
餌の目安 体重〜5kg一日あたり20〜100g
5〜10kg75〜200g
10〜30kg 120〜400g
30〜60kg 350〜800g
価格 1kgあたり2,600円(税抜・送料別)

 

個人的には、1kgずつ個包装になっているのが便利だと感じています。
多すぎず、少なすぎずちょうど良い量で扱いやすいサイズ。

 

また一袋あたりの金額は2,600円ですが、定期コースだととてもお得になります。

 

たとえば、1kg×3袋の定期コースなら合計で6,400円。
一袋当たり約2,134円ほどで購入することができます。

 

賞味期限も製造から1年と長いですし、ある程度まとめて買うようにしています。

 

療法食,犬,フード,ドッグフード,通販

療法食とドッグフードの違い

 

療養食とドッグフードの違いって、ご存知ですか?
実はこのふたつには大きな違いがあるんです。

 

ドッグフードは基本的に健康的なワンちゃんなら、どれを食べても大丈夫。
ワンちゃんが好む味を選んで買ってあげて問題ありません。

 

でも、療養食は違います。
療養食は、そのワンちゃんの症状に合わせて配合されており、
その症状が緩和される成分がより多く入っています。

 

なので、結構なワンちゃんが療養食を食べると、その成分が過剰摂取の状態になってしまうのです。

 

病気を予防するために健康なうちから療養食を食べておけば安心、
なんて誤った思い込みをしている人もいるみたいですが、それは完全に間違い。

 

療養食を食べるワンちゃんには、ちゃんと食べている理由があるのです。

 

健康なワンちゃんは、健康なワンちゃん向けの一般的なドッグフードを。
療養食は、それぞれの症状にあったドッグフードを与えてあげるようにしてください。

 

療法食,犬,フード,ドッグフード,通販

ドッグフードは通販がおすすめ

実際に使用している人の評判がわかる!

 

療養食やドッグフードなどは、通販で購入するのが一番いいと思っています。
なぜなら、実際に使っている人の声が掲載されていることが多いから。

 

これは療養食に限ったことではないんですが、
実際に商品を買ってみたらがっかりしたという経験がある人もたくさんいると思います。

 

そういう商品って、あとでネットで調べてみると大抵皆さんの評価が低いんですよね。
そんな時は初めからネットで買っておけばよかった〜って思うんですよね。

 

だって、失敗する確率が減るわけですから。
ペット関係の商品は割といいお値段することが多いので、特に通販を利用してます。

 

 

重いものは通販で!

 

あと、通販を使う理由はもうひとつ。
それは重いものを玄関まで届けてくれるからです。

 

昔はドッグフードもホームセンターに買いに行っていたのですが、
ある程度数がまとまるとすごい重さになるんですよね。

 

夫が運搬係だったんですけど、あまりにも重いもので腰を痛めてしまって…。

 

運送屋さんには少し申し訳ないんですけど、
家まで届けてもらえるなら私一人でも受け取れるのでとても助かっています。

 

療法食,犬,フード,ドッグフード,通販

最後に

愛犬は大切な家族の一員、と考えている人は今とても増えていると思います。
うちのワンちゃんも今や私たち家族にとってなくてはならない存在であり、いつまでも元気でいてほしいと思っています。

 

ペットが家族にとって大切な存在になるにつれて、ペットに関連する商品やグッズも増えてきましたよね。
ドッグフードひとつとっても、ショップへ行けばびっくりするような数がある状態です。

 

だからこそ、飼い主さんは今まで以上にワンちゃんのことをちゃんと考えてあげなければいけないと思います。
数ある選択肢の中から、自分のワンちゃんに一番合ったものをちゃんと選んであげる。
それがいつも元気をくれるかわいいワンちゃんに対する、飼い主の責任だと思います。

 

なかなか療養食を食べてくれなくて悩んでいる飼い主さん、
できる限りいいものを食べさせてあげたいと考えている飼い主さん、
ぜひ一度「犬心」を試してみて下さい。
少し値段はしますが、安心と安全を買っていると思えば高くはありません。

療法食,犬,フード,ドッグフード,通販

更新履歴